HOME>コラム>授乳服は必要?メリットとデメリットを知ろう

授乳服は必要?メリットとデメリットを知ろう

ママとベイビー

授乳服のデメリットとは

赤ちゃんを育てている女性は、一日に何度も授乳をしなければなりません。マタニティ用品の専門店や、インターネット通販などでは、赤ちゃんにおっぱいを与えやすい授乳服が数多く販売されています。服をめくらなくても、授乳ができるなどのメリットがありますが、デメリットも知っておきたい人が増えています。授乳服は特殊な加工をして作られているため、普段着の洋服に比べるとお値段が高めなのがデメリットです。赤ちゃんにおっぱいを与えやすいように、作られているので、お洒落なデザインの洋服が少ないと感じている人も多いです。布をめくるタイプの商品は、赤ちゃんの顔に掛かってしまうと感じる場合があります。購入する時は機能性に優れた商品を選びましょう。

手

あると便利!授乳服のメリット

赤ちゃんを育てている女性は、着脱のしにくい衣類を身に付けていたり、ボタンを取り外していると面倒だと感じている人が多いです。授乳服を着用していると、すぐに赤ちゃんにおっぱいを与えてあげることができるので、忙しい人にお勧めです。普段着の洋服に比べると、ややお値段は高めですが、現代は比較的リーズナブルな価格の商品も販売されているので、安心して購入ができます。外出先に授乳室がある場合は気兼ねなく、授乳が出来ますが、利用できる所が少ない場合は、授乳服を着用していると、胸元を隠せるので安心できます。授乳をしなければならないので、外出が億劫になる人も多いですが、便利な授乳服を購入しておくと、赤ちゃんを連れて外出が楽しめます。